競馬学校に行くには~憧れの騎手になるまでの道のり~

専門学校の選び方

毎日通うような専門学校であれば通いやさを提唱しているところにすると良いでしょう。それなら、不便に思うことなく通学をすることができるようになります。

専門学校を選ぶポイント

競馬

寮付き

家から遠方にある場合は、他県にある学校まで行くことができません。しかし、寮が付いていればどの地域からでも行くことができるので、寮があるか否か調べておくと良いでしょう。

奨学金制度がある

専門学校の授業料は高いところでは100万円を超えるところがあり、すぐに支払うことが困難な方もいることでしょう。しかし、奨学金制度なら学校を卒業し就職してから支払いをすることが可能です。

サポート体制が充実

競馬学校では30人に1人が合格すると言われているほど狭き門となっているので、講師の手厚いサポートが付いている学校に進学すると良いでしょう。そうすることによって、着実に合格に近づくことが可能です。

競馬学校に行くには~憧れの騎手になるまでの道のり~

馬

資料を請求しよう

競馬学校に進学するならできるだけ情報収集をしてからのほうが良いでしょう。何故なら、学校によっては設備やカリキュラム内容が全く異なる場合があるので、自分が学びたい事を学べるかどうかリサーチする必要があります。また、資料請求をする方法として、インターネットを利用するという手段があります。それなら、24時間いつでも注文をすることができますし、コンテンツによっては一括で各競馬学校のパンフレット請求をすることができるので、一校一校パンフレットを取り寄せる手間を省くことができるでしょう。そして、パンフレットが手元に届いたら内容を比較して、最適な学校を探し出すのが得策です。

競馬

見学に行こう

パンフレットだけでは学校や授業の雰囲気を掴み切れないことがあるのは仕方のないことです。しかし、競馬学校のオープンキャンパスに参加することによって、実際に設備を見ることができたり、授業の雰囲気を調べたりすることができます。また、直接講師や在学生に質問することができることもあるので、疑問点があるのなら積極的に聞いてみると良いでしょう。そうすれば、不安に思っていたことを解消することができ、次のステップに進むことができます。

馬とジョッキー

あると嬉しい施設

競馬学校というからには、馬がいなければ意味がありませんし馬に乗って練習することができるスペースがなくてはなりません。その設備が広ければ実際に馬に乗って走ることができるでしょう。また、レースが行なわれる会場には土と草という種類があり、特に草のレース場を走ることが苦手な馬もいます。しかし、両方のレース場が兼ね揃えられている学校であれば馬の苦手を克服することもできるので、名ジョッキーを目指すことができるでしょう。また、レースが終わった後は、馬の世話をしなければならないので、馬小屋の設備なども注目しておくといいかもしれません。そうすることによって、実際に入学して授業を受けるとなった時も、快適に勉強をすることができます。

広告募集中